12-13.May.2022 META XENAKIS「クセナキスと舞」

生涯「能」に憧れていたというクセナキス、音楽に宇宙を描き、常に未来を向いていた。限界へと挑み続けながら、一体どんなことを達成したかったのだろうか。

人間の歴史と共に「音楽」のルーツを辿ると必ずそこには「舞」(dance) がある。

音、楽器、リズム、風土の中で生まれたステップを人は本能的に繰り返す。音と共に、瞬間で生まれては消え、生命力となり、生きた証として伝承される。

大作「プレイアデス」もダンスのために書かれた作品である。私たちの体に宿る様々な血は、頭では分析し切れない未開の樹海。

その真髄を見つめ、時を刻み、多様性を持ちより、共感し合う。



【共催】加藤訓子プロデュース ヤニス・クセナキス生誕100周年記念

META XENAKIS「クセナキスと舞」

日時 2022年5月12日(木)・13日(金) 各 15:00開演(14:30開場)

会場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール


曲目

『響・花・間』  寒河江勇志( 音響デザイン) + 須藤崇規( 映像) 

『エンベリ』

 般若佳子(ヴィオラ) + 北井千都代(ダンス)

『ルボン a . b . 』  中所宜夫( 能舞) + 加藤訓子( パーカッション)

『プサッファ』  中村恩恵(ダンス) + 加藤訓子( パーカッション)

『プレイアデス』  東 廉悟・齋藤綾乃・篠崎陽子・戸崎可梨・富田真以子・中野志保・新野将之・藤本亮平・古屋千尋・細野幸一・眞鍋華子・三神絵里子・横内 奏・濱仲陽香

主催 特定非営利活動法人芸術文化ワークス

共催 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援 ギリシャ大使館、特定非営利活動法人日本現代音楽協会、Olympolis Art Project、Centre Iannis Xenakis、Meta Xenakis Consortium

協力 アダムス、パール楽器製造株式会社、ヤマハミュージックジャパン、ファーム株式会社、ボーズ合同会社、株式会社リンジャパン、ナクソスジャパン株式会社


料金(税込)【全席自由】一般:5,000円 U-25:3,000円 ※U-25・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。

発売日 【一般・メンバーズ】2022年3月20日(日)


【チケット取扱い】 ■SAFチケットセンター 電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00〜19:00)  ※一部IP電話からは、ご利用いただけません。  ※車椅子をご利用の方は、お電話にてご予約ください。 ■SAFオンラインチケット ご購入はこちら  ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)必要です。 ■窓口 彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00)埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00)

■プレイガイド teket(電子チケット https://teket.jp

【公演に関するお問い合わせ先】

芸術文化ワークス事務局 TEL 080-5075-5038 email. info@npo-artsworks.org

【チケットに関するお問い合わせ先】

SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00) ※一部IP電話からは、ご利用いただけません。

閲覧数:31回